絶対に燃えない金庫ってあるの?

炎

A nice fire in a fire place

子供が中学に入るので、入学準備で近所のイオンに買い物に行った。お金がたくさん飛んで行って、今月大丈夫かななんて考え事をしながら車を運転していると、うちの近所にまで差し掛かったところで、「火事だ!」と子供が叫んだ。「えっ?どこ!?」と子供の指差す方を見てみると、真っ赤な火柱が上がって黒い煙がもくもくと広がっている。近所と言っても私の家とは離れているし、こちらまでくることはないけれど…。でも確かあの辺には私の友達の家があったはず。大丈夫だろうか。スマホを見ると市から火災情報が入っていて、住所で調べたらなんと私の友達のすぐ隣の家が火事になっているのだった。私はすぐに友達に「大丈夫?」とメールを送った。しばらく返事がなかったので、友達の家は大丈夫だろうかと気が気ではなかった。

それから数時間して、その友達から「うちは大丈夫」というメールをもらって安心した。隣の家は結局全焼してしまったけれど、幸い風が全くない日だったので周囲の家に飛び火することがなかったようだ。

詳しくはこちらの記事へ
→ コンビニ経営には金庫の設置が必須条件

まさに不幸中の幸である。それにしてもその全焼した家の人たちは、今日どうするのだろうか。当然家には帰れないわけで…そう考えると心中察するにあまりある。

もし我が家が火事になってしまったら。財産だけじゃなく燃えてほしくないものはたくさんある。そんなときに絶対に燃えない金庫があればいいのにと思うけれど、そんなものあるんだろうか。ちょっと調べてみたら、数十分とか数時間なら耐えられる金庫というのはあったけれど、絶対に燃えない金庫というのは見つけることができなかった。そりゃそうか、もしそんなものがあったらコロンビア号の悲劇も起きなかったはずである。でも例え数時間だけでも家事から守ってくれる金庫があるなら、心の安心度も全く違うかもしれない。今回の火事をきっかけに、我が家の防災意識も高まり、金庫の購入を決意したのである。