鍵をなくしてしまった金庫はどうすればいい

鍵と手

玄関の鍵や自転車の鍵など、鍵という存在はそれ自体が小さいという特性がありますから、どのようなタイプの鍵でも落としてしまう可能性があるといえるでしょう。それに落とさなかったとしても、いつのまにやら鍵を紛失しているというケースも少なくありませんので、鍵の管理はかなり大変であることが理解できます。さて、そんな管理の行いにくい鍵ですから、金庫のような大切な鍵についてもなくしてしまうことが起こり得る可能性はかなり高いといえるでしょう。鍵をなくしてしまうと金庫は使えなくなりますので、何かしらの対処を行っておく必要があるのですが、このような鍵をなくしてしまった金庫はどうすればいいのでしょうか?

鍵をなくしてしまった場合、金庫は使い物になりませんが、鍵を再度見つけることができれば再び通常のとおりに使用できます。そのため、まず鍵をなくしたとしてもなくした鍵を探してみることからはじめていみると良いのではないでしょうか。
(参考:金庫の鍵が壊れてしまったらどうすればいい?

鍵を探さずにその他の対処法を行ってしまうと、鍵が見つかったときにかなりがっかりしてしまいますので、まずはこの方法を行うことをオススメします。

しかし、どれだけ探してもなくした鍵が見つからない、そんな場合は金庫の鍵を開けてもらうこと、そして鍵を複製してもらうことが重要になってくるでしょう。金庫の鍵でも複製してもらえるのかという疑問については、鍵のタイプにもよりますが基本的には可能ですので心配することはありません。また、鍵開けについても専門業者に依頼をすれば確実に行ってくれますので、まずはそのような業者さんに電話などをして解錠作業や鍵の複製作業を依頼してみることが大切です。

以上が鍵をなくしてしまった金庫の対処法になります。間違っても鍵をなくしたからといって金庫を処分することはしてはなりません。まず鍵を探して、それでもなければ業者に頼む、この一連の流れで鍵をなくした金庫を取り扱いましょう。