金庫以外に資産を守る方法はあるか考えよう

資産

自宅で手軽に資産を守る方法として多くの方に愛用されているのが、金庫を使用してそこに資産を置いておくという方法でしょう。この方法はかなり汎用性が高いという利点があることから、使い勝手が良い金融保管方法であると言えるでしょう。しかし、金庫だけに依存していたのでは確実に資産を守ることはできません。というのも、金庫にも資産を守りきれないデメリットがあるからです。では、金庫だけに依存した資産を守る方法から脱却するためにも、金庫以外に資産を守る方法はあるか考えてみましょう。

金庫は個人で管理するものですから、金庫以外の資産を守る方法として考えられるのはその対極にある個人で管理を行わないという方法が挙げられるのではないでしょうか。これはつまりどういうことかというと、資産を第三者に守ってもらうということです。この方法の一つはお金を預金口座に振り込んでおいて、銀行に資産を守ってもらうということもそれにあたります。しかし預金口座以外のものとしては、銀行の貸金庫を使用してそこに資産を預ける手段をとれば、第三者に資産を管理してもらえますので安心することができると言えるでしょう。

また、金庫以外で第三者にも頼まずに資産を守る方法としては、資産をどこかカモフラージュできるような場所、例えば地下の倉庫や納戸の隅などに置いておくことによって絶対に盗まれないような細工をすることなどが挙げられます。この方法をとれば、金庫を使用する必要は無くなりますが、紛失するリスクはかなり高いのであまりお勧めできる方法ではないと思います。

いかがでしたでしょうか、金庫を使用せずに資産を守る方法は意外と無いものです。第三者に依頼をすれば何らかの形でその資産を守ってはくれるのですが、個人でとなるとやはり金庫に依存してしまう部分が大きいですので、一般人は無理をして脱金庫をせずに、正直に金庫を使用してその資産を守っていけば良いと思います。

金庫の鍵が壊れてしまったらどうすればいい?

鍵

金庫は大切な物を保管しておく場所です。現金、銀行の通帳、実印などなど大切なあなたや会社の財産を守ってくれるのです。しかも金庫はとても頑丈に作られていますので、家事や高い場所から落下しても中にある物を保護できるほど、強い耐久性を持っているのです。

しかし金庫が簡単に開けられてしまうようでは困ります。金庫が簡単に開かないように守ってくれているのは鍵なのですが、この鍵が壊れてしまっては金庫としての意味がなくなってしまいます。

それなのでもしも鍵が壊れてしまったら早急に修理をするか、もしくは新しい金庫に買い替えることをおすすめします。壊れた鍵をいつまでも放置しておいて、万が一中身を紛失したり、盗難にあってしまってから後悔しても遅いのです。
(参考:金庫の鍵開けってどのくらい払えばやってもらえる?

鍵を修理する場合は鍵屋さんに依頼をしましょう。鍵屋さんは24時間年中無休で営業している所もありますので、急ぎの時でも対応してもらえるはずです。

また鍵を単純に修理するだけでなくさらにセキュリティを高めたいのなら、この時にセキュリティ性の高い鍵に交換してもらうのもいいでしょう。鍵のセキュリティ性に関する技術は年々進歩しています。

最新のセキュリティを取り付けることで、金庫のセキュリティ性がさらに強化されるようになります。また金庫を買い替える場合ですが、早めに新しい代わりの金庫を探すようにしましょう。金庫を探すのに時間がかかりそうなときは、鍵を壊れたままにしておかないで早急に修理だけでもしてもらうようにしましょう。

久しぶりに金庫を開けようとしたら鍵が使えない場合

鍵がささる

我が家には大きな金庫があります。私が子供の頃からあるので中に何が入っているのかは知りませんが、家の大事なものであるのは確かなようです。結局父がその金庫を開けたところは見たことがなく、今回家を増築した際の大事な書類などを入れようと私が金庫を開けることにしました。随分と使われていないのがわかる古い鍵を鍵箱から取り出し、暗証番号のメモもあったので、右に左にダイヤルを回しいざ開けようとすると、鍵穴にさした鍵が回りません。鍵を間違えたのかと他の鍵も試してみましたが、鍵穴に入りすらしませんでした。鍵自体はあっているようですが、古くなり錆び付いたか何かで回らなくなってしまったのでしょうか。

どうしたら良いものかインターネットで調べてみると、どうやら専門業者に頼むしかないようです。
(参考:鍵をなくしてしまった金庫はどうすればいい

回らないからと勝手に油をさしたりしてはいけないようです。

早速24時間対応している専門業者に連絡をしきてもらい調べてもらいました。さすが専門業者だけあってあっさり鍵が回り金庫の扉を開けることができました。どうやら鍵の故障というわけではなく、古い金庫なので扉が重みで少し下にずれてしまい、鍵が回らなくなってしまったようでした。業者の人からは金庫の買い替えを勧められましたが、鍵が故障したわけではないですし、金庫を買い換えるのも大変というのもあり扉の下側の隙間に薄い板を挟むことでしばらくは対応しようと思っています。

ちょっと変わった仕掛けの金庫

複雑な金庫

Secure Hard drive

金庫をお店に見に行っていると、いろいろな種類があることがわかります。私達が金庫としてよく見かけるのが、ボックスタイプでダイヤル式やボタン式の鍵が取り付けられているタイプだと思います。しかし探してみると世の中には変わった金庫が多く存在するのです。こういった変わった仕掛けの金庫を見てみるのもまた面白いものです。

たとえば金庫に時計がつている製品もあります。かなり前に製造された製品ですから、見た目にも古さが感じられますが、アンティーク好きには人気があります。しかも金庫の鍵を回すと時計述べるがなる仕組みになっていますので、万が一金庫が不審者に開けられてしまったときでも、ベルが鳴ってすぐにそれに気が付くことができるのです。

スマホを金庫の鍵として活用しているケースも見られます。これはそういった機能が搭載されているのではなく、スマホのブルートゥース機能を使って南京錠を開錠できる仕組みを応用した金庫になります。

自分で鍵を取り付けることができる金庫や、金庫に匹敵するほど頑丈な箱を買ってきて占用の南京錠をそれに取り付けるだけです。そのスマホに登録されている鍵とスマホが至近距離きたときに、自動的に南京錠が開く仕組みになっています。ただしスマホをなくしてしまうと鍵が開けられなくなってしまいますのでその点は注意が必要です。

鍵をなくしてしまった金庫はどうすればいい

鍵と手

玄関の鍵や自転車の鍵など、鍵という存在はそれ自体が小さいという特性がありますから、どのようなタイプの鍵でも落としてしまう可能性があるといえるでしょう。それに落とさなかったとしても、いつのまにやら鍵を紛失しているというケースも少なくありませんので、鍵の管理はかなり大変であることが理解できます。さて、そんな管理の行いにくい鍵ですから、金庫のような大切な鍵についてもなくしてしまうことが起こり得る可能性はかなり高いといえるでしょう。鍵をなくしてしまうと金庫は使えなくなりますので、何かしらの対処を行っておく必要があるのですが、このような鍵をなくしてしまった金庫はどうすればいいのでしょうか?

鍵をなくしてしまった場合、金庫は使い物になりませんが、鍵を再度見つけることができれば再び通常のとおりに使用できます。そのため、まず鍵をなくしたとしてもなくした鍵を探してみることからはじめていみると良いのではないでしょうか。
(参考:金庫の鍵が壊れてしまったらどうすればいい?

鍵を探さずにその他の対処法を行ってしまうと、鍵が見つかったときにかなりがっかりしてしまいますので、まずはこの方法を行うことをオススメします。

しかし、どれだけ探してもなくした鍵が見つからない、そんな場合は金庫の鍵を開けてもらうこと、そして鍵を複製してもらうことが重要になってくるでしょう。金庫の鍵でも複製してもらえるのかという疑問については、鍵のタイプにもよりますが基本的には可能ですので心配することはありません。また、鍵開けについても専門業者に依頼をすれば確実に行ってくれますので、まずはそのような業者さんに電話などをして解錠作業や鍵の複製作業を依頼してみることが大切です。

以上が鍵をなくしてしまった金庫の対処法になります。間違っても鍵をなくしたからといって金庫を処分することはしてはなりません。まず鍵を探して、それでもなければ業者に頼む、この一連の流れで鍵をなくした金庫を取り扱いましょう。

コンビニ経営には金庫の設置が必須条件

コンビニ

皆さんはコンビニ経営をしたことがあるでしょうか?おそらくサラリーマン生活を送っている方が多いと思いますので、コンビニの経営などまったく行ったことがない、もしくは行おうとしたけれども挫折したという方が大多数なはずです。そのため、コンビニの経営がどのようなものなのかなど知らないというのも無理はないと言えるでしょう。では、そんなコンビニ経営において大切なことを皆さんに少しだけご教授させていただきたいと思います。それはコンビニ経営には金庫の設置が必須条件であるということです。

金庫の設置がなぜ必要になってくるのか、それは売り上げが常に狙われているということが理由として挙げられます。コンビニはよくコンビニ強盗でニュースが流れることが多いように、その売り上げが盗まれてしまうこと、または無理矢理に強奪されてしまう危険性がかなり大きい場所です。銀行などのようなセキュリティがしっかりとしていない脆弱性を突いて、強盗などが押し入ってくるからこそこのような事件がコンビニで多く起こっているのだと思います。

詳しくはこちらの記事へ
→ 絶対に燃えない金庫ってあるの?

そのような点からも、コンビニを経営するのであれば金庫の設置が必須条件となっているのです。

金庫をもし設置しなかったすれば、売り上げは常にレジの中に入れておかなければなりません。その日1日の売り上げだけであればレジの中に入れておくだけで十分対応することが可能ですが、一ヶ月分の売り上げとなるともっと大きく、そして確実に保管できる場所に置いておくべきですから必然的に金庫は必要になってきます。だからこそコンビニには金庫は欠かせない存在なのです。

これからコンビニを経営しようと思っている方がいれば、どのような設備を整えるよりも、まずは金庫の設備をしっかりと行いましょう。そして金庫の設備を十分に行うことができれば、コンビニのお金が盗まれることや強奪されるリスクを低くできますので安定した経営ができるようになります。

古くて使えなくなった金庫が眠っていませんか?

古い金庫

貴重品を自宅で保管するのに金庫を使っている方も多いのではないでしょうか。金庫の容量も限られていますし、セキュリティ性もどんどん向上しているので、新しい金庫に買い替える、容量が足りなくなり金庫を買い足すこともあるでしょう。

そして古くなった金庫ですが、その後どうしているでしょうか?古い金庫がそれほど場所を取らない限り、そのまま自宅で保管されている方も多いのではないでしょうか。

そしてそういった金庫に限って長年ずっと使わないまま保管してあったりするのです。もしも古い金庫が自宅にあるのなら、金庫を処分してみてはいかがでしょうか。ただし万が一中に何かが残っているかもしれませんので、中身を確認してから処分することをおすすめします。

しかし長年使っていなかったので金庫の鍵が開くのかどうかも定かではありません。

やってみて鍵が開かない時は鍵屋さんに依頼をして鍵を開けてもらうようにしましょう。腕の良い鍵屋さんなら最新式の鍵から古い鍵まで開けられるはずです。

金庫は普通ごみとして出すことができませんので、本当は新しい金庫に買い替えた時点で業者に引き取ってもらうのが最も安上がりな方法になります。しかしそれができなかった場合は引き取り業者に引き取ってもらうしかありません。

もしも金庫の状態が良好であれば中古品として金庫を販売することができるため、処分費用がかからず逆に買取ってもらえてお金がもらえるかもしれません。それが難しい場合は処分費用を払って引き取ってもらいます。

金庫の中に大事な書類が、、でも鍵をなくした。。

金庫に入った書類

会社の金庫の中には、会社に関する大事な書類をしまってあるのですが、その鍵を失くしてしまいました。中身が今すぐ必要ということはないのですが、心当たりのある場所をどれだけ探しても見つからない状況なので、このままでは非常に困ることになってしまいます。スペアの鍵があればよかったものの、今回失くしてしまった鍵がそのスペアの鍵であるため、もうどうしようもありません。ようするに、鍵を失くしたのは今回が二度目ということです。専門業者に頼んで開けてもらうしかないとは思うものの、会社の重要な書類をしまってある金庫の開け方を外部の人間に知られてしまうことになるので、少し不安というのもあります。まぁ中身を取り出した後は新しい金庫に替えればいいんでしょうけど、その場所にあるというのをあまり知られたくありません。

詳しくはこちらの記事へ
→ ちょっと変わった仕掛けの金庫

とはいえ、そんなことを言っていられるような状況ではないので、信頼できる業者を見繕って依頼するしかないんですがね。

それにしても、こんな大事な鍵を二回も失くすなんて、普通に考えたらあり得ないことですから、少し鍵の保管や運用方法を見直すべきなのかもしれません。流石に普段持ち歩いたりはしていないのですが、頻繁に使う鍵でもないため、そこにあるかどうかのチェックなども気がついた時しかやっていないので。もっと徹底した管理をしないと、いずれ本当に困ることになってしまうかもしれませんね。

絶対に燃えない金庫ってあるの?

炎

A nice fire in a fire place

子供が中学に入るので、入学準備で近所のイオンに買い物に行った。お金がたくさん飛んで行って、今月大丈夫かななんて考え事をしながら車を運転していると、うちの近所にまで差し掛かったところで、「火事だ!」と子供が叫んだ。「えっ?どこ!?」と子供の指差す方を見てみると、真っ赤な火柱が上がって黒い煙がもくもくと広がっている。近所と言っても私の家とは離れているし、こちらまでくることはないけれど…。でも確かあの辺には私の友達の家があったはず。大丈夫だろうか。スマホを見ると市から火災情報が入っていて、住所で調べたらなんと私の友達のすぐ隣の家が火事になっているのだった。私はすぐに友達に「大丈夫?」とメールを送った。しばらく返事がなかったので、友達の家は大丈夫だろうかと気が気ではなかった。

それから数時間して、その友達から「うちは大丈夫」というメールをもらって安心した。隣の家は結局全焼してしまったけれど、幸い風が全くない日だったので周囲の家に飛び火することがなかったようだ。

詳しくはこちらの記事へ
→ コンビニ経営には金庫の設置が必須条件

まさに不幸中の幸である。それにしてもその全焼した家の人たちは、今日どうするのだろうか。当然家には帰れないわけで…そう考えると心中察するにあまりある。

もし我が家が火事になってしまったら。財産だけじゃなく燃えてほしくないものはたくさんある。そんなときに絶対に燃えない金庫があればいいのにと思うけれど、そんなものあるんだろうか。ちょっと調べてみたら、数十分とか数時間なら耐えられる金庫というのはあったけれど、絶対に燃えない金庫というのは見つけることができなかった。そりゃそうか、もしそんなものがあったらコロンビア号の悲劇も起きなかったはずである。でも例え数時間だけでも家事から守ってくれる金庫があるなら、心の安心度も全く違うかもしれない。今回の火事をきっかけに、我が家の防災意識も高まり、金庫の購入を決意したのである。

副業用のパソコンはしっかりと金庫で保管中

 

パソコンサラリーマンにとって不況のご時世はかなり辛いです。何が辛いかというと、給料が上がらないということ、そしてその給料が上がらないことにともなってお小遣いも上がらないという現実に直面しなければならないことが大きな理由だと言えるでしょう。このような辛い現状を打開するためには、兎にも角にもお金を稼がなければなりません。そんな流れから会社に黙って行い始めたのがパソコンを使った在宅ワークという副業です。副業は基本的に会社に禁じられている行動ですので、この在宅ワークは絶対に会社にバレてはいけないということもあり、副業用のパソコンはしっかりと金庫で保管中です。

パソコンを金庫にまで保管しなければならないものなのかと疑問に思われる方もおられるかもしれません。なぜなら自宅でいるのであれば、パソコンをそのまま放置していたとしても会社にバレるリスクはそれほど高くないからです。しかし、そのような考えはかなり甘いと言えるでしょう。

なぜならば、たとえパソコンを自宅に置いていたとしても、どこから副業をしていることがバレるかはわからないからです。家に遊びに来た同僚がパソコンを勝手に開けて副業をしているページを見てしまうかもしれませんし、ウィルスに感染して個人情報がばらまかれたついでに副業の事実がバレるということもあるでしょう。このようなリスクを軽減するためにも、ちゃんと金庫にパソコンを入れて保管しておく必要があるのです。

このようなリスクヘッジを行っているからか、私はここ数年の副業ライフが会社にバレたことはありません。ただ単に会社にバレなかったことは運が良いだけだったのかもしれませんが、それでも金庫にパソコンを保管していることがバレなかった背景にはかなり大きく寄与しているのではないかと自分では思い込んでいます。

皆さんももしパソコンを使った副業を行うのであれば、そのパソコンを金庫での保管を行ったほうが良いですよ!