金庫の鍵開けってどのくらい払えばやってもらえる?

金庫とお金

会社では会社の実印や通帳、小口現金を金庫に保管しています。私が朝出勤をしてから金庫を開ける当番なのですが、いつも通り鍵を開けようとしたのですが何度やっても金庫の鍵が開かないのです。

これでは業務に支障が出てきてしまいますので、何としてでも金庫を開けなくてはいけません。自分でいろいろやってみようとしましたが、金庫を壊してしまったり、金庫の中身にダメージを与えてしまうようなことは避けなくてはいけません。

そこで自分で何とかするのはあきらめて、鍵屋さんを呼ぶことにしました。鍵屋さんにみてもらうのはいいのですが、ちょっと気になるのがその修理代金です。あまりにも鍵開け代金がかかるようであれば、無理に金庫をこじ開けてしまって新しい物に買い替えた方がいいのかなと思ってしまったのです。
(参考:古くて使えなくなった金庫が眠っていませんか?

鍵屋さんに電話をして、現在の金庫の状況は鍵開けの料金について聞いてみたのです。金庫 鍵開けの料金ですが鍵のタイプによって異なりますが、6000円くらいから料金がかかるようです。実際に見てみないとわからないと前置きされて、恐らく当社が使っているタイプの鍵開けの場合1万円以内で鍵開けができるのではないかと言われました。

それくらいの費用なら鍵開けをお願いしようと、鍵屋さんに依頼をしてきてもらいました。さすがプロの技で到着してから20分ほどであっという間に鍵を開けて頂くことができました。

どうやら鍵が故障していたことが空かなかった原因のようで、併せて鍵の修理もお願いすることにしました。修理費用もそれほど高くはありませんでしたので、来てもらって良かったです。